ドラクエウォークお土産集めの旅 富山紀行

一泊二日で富山巡り。お土産を回収しつつ、キトキトの鮮魚を頂く方針だ。

最初に向かったのは高岡市にある藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー。高岡駅から徒歩20分。高岡市美術館の2Fに位置する。

高岡市美術館
高岡市美術館

建物の前に着いたがなんの案内も出ていない。ドラえもんはどこに?
とりあえず館内に入ると、どうやら富山大学芸術文化学部 の卒業・修了研究制作展をやっている様だ。気にはなるが一旦スルーして2Fに進む。
受付を済ませて、どこでもドアをくぐると漫画家 藤子・F・不二雄の生い立ちが覗けるコーナーが待っている。ベレー帽や原画などが展示されている。子供がはしゃぐ空間というよりもファンが感傷に浸る空間と言った装いだ。

企画展は「学年別ドラえもん展 -のび太と一緒に大きくなった私たち-」
ドラえもんの1話が6つある事を知る。「小学一年生」から「小学四年生」までと「よいこ」「幼稚園」で書き分けているとの事。6誌同時掲載とか信じられない事をやっている。
藤子・F・不二雄と小学館の意気込みに驚愕である。

藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー
藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

ギャラリーを出た後、次の電車まで時間があったので1Fの富山大の卒業制作展をのぞく。 無料だったのでちょっとした市民ギャラリーの様なものを想像していたが全然違った。 作品の展示数もバラエティーも豊富。旅のスケジュールを変更せねばならぬ。
絵画や彫刻など美術品としてよく目にするものだけでなく、家具や絵本もあるし、街のリノベーション計画とか有機野菜を身近にと言ったコンセプト展示もある。なんならオタク図鑑とか生態系をモチーフにしたゲームとか何でもありである。卒論だって展示してあるし。

ご当地の氷見うどんのプロモーション動画「氷見ウドンピック2020」がバカバカしくて良かった。うどんを並べてコマ撮りした作品だが、制作エピソードにうどんがすぐに乾くので撮影が大変。うどんの扱いに2か月かかったなどと述べられていて笑いを誘う。アイデアを実践した人だけ放てる表現だ。

氷見ウドンピック2020
氷見ウドンピック2020

高岡市美術館を出て次に向かったのは氷見市潮風ギャラリー 藤子不二雄Ⓐアートコレクション。FからⒶへのはしご旅。
氷見駅へ向かう車窓からの景色がなかなかおつ。晴れてないのが残念だ。

氷見線の車窓
氷見線の車窓

Googleマップを頼りに氷見駅から潮風ギャラリーへ向かう。途中に「元祖氷見うどん高岡屋本舗」という店を見つけ思わず入る。話を聞くと260年も続いているお店とのことい。氷見うどんは江戸時代からの文化ということかな。

元祖氷見うどん高岡屋本舗
元祖氷見うどん高岡屋本舗

広い通りに出るとスマホ片手に走り回っている人が結構いる。たぶんポケモンの皆様だ。
そして街にはハットリくんはじめ不二雄Ⓐ先生の作品と思われる謎のオブジェが並んでいる。しかもこいつら通りかかると話しかけてくる。「おいらたこハチ ちゅーしよ?」ってな具合だ。なんてカオスな街なんだ。

たこハチ
たこハチ

潮風ギャラリーは街中にあり、入館すると結構な人がある。アニメ聖地に選定されるだけのことはある。
ちなみに入館料は大人200円。高校生以下は無料だった。1Fは原画など作品が展示されており、2Fはまんが図書室と記念撮影コーナー。映像技術にもてあそばれハットリくんに変化する。

氷見市潮風ギャラリー 藤子不二雄Ⓐアートコレクション
氷見市潮風ギャラリー 藤子不二雄Ⓐアートコレクション
氷見市潮風ギャラリー 藤子不二雄Ⓐアートコレクション
氷見市潮風ギャラリー 藤子不二雄Ⓐアートコレクション


ギャラリーを後にし、せっかくなので氷見漁港場外市場まで足を延ばしブリを食べる。

氷見漁港場外市場
氷見漁港場外市場

夕暮れ時に富山市に移動し目指すは富山城。
戦後に復興の旗として復元されたお城である。でも資料が残っていなくてもと姿は不明らしい。
中は郷土博物館になっており展望台もある。
見ごたえのあるお城という訳ではないが、市街地の景観を良くしてくれる街の顔という感じがする。

富山城
富山城

城の見学を終える頃に雨風が強くなっていた。傘が風で裏返る程でとても散策などしてられず図書館に避難する。
前から気になっていたオシャレ図書館だ。ガラス美術館が一体となっておりふらっと展示も見れるのが楽しい。

富山市立図書館
富山市立図書館

雨が弱まったところで駅に移動し寿司を食べる。回るお寿司で手頃な価格だが味は最高だ。白えびがとても気に入った。

富山回転すし
富山回転すし

ちょっと食べ過ぎたなと思って外に出ると人だかりがで来ている。駅なかBARが開催されている。2杯で300円という低価格だが冬季限定酒などがふるまわれていて贅沢だ。蔵元さんに話を聞きながら舌鼓を打つ。
市内のせんべろ企画のパンフレットをもらったのでこの後少しはしご酒して初日の旅を終える。

とやま駅ナカBAR
とやま駅ナカBAR

二日目の目的地は宇奈月温泉。電鉄富山の1日フリーきっぷ(冬季価格2100円)で向かう。
シーズンオフのためか乗客は少なめ。途中上市駅で進行方向が変わるアナウンスが流れるのだが、座席の向きを変える作法を知らずぼぉーと座っていたら、旅行客を見つけたとばかりに見知らぬ爺様がずっと馴れ馴れしく話しかけてくる展開に。
何でもこの爺様は数か月に一度の宇奈月温泉の銭湯に行くのが楽しみらしい。片道1時間45分の交通費と時間をかけて入りたい銭湯とはいったい。

そんなこんなで宇奈月温泉駅に到着。駅前の温泉の噴水からは湯気が挙がっている。雪がぱらつく気候で富山市内よりも一段寒い。

宇奈月温泉
宇奈月温泉

手頃な日帰り温泉を探しつつ散策すると観光客は結構来ている。宿泊や新幹線から来た人々だろうか。駅前の足湯は満員だ。
駅から程なく歩いた場所に観光案内所を兼ねた銭湯を見つける。風情ある建物ではないが、まぁどの湯に入っても源泉は同じだろう。何より温まりたい。
お風呂の扉を開けるのやつがいある。馴れ爺わざわざ時間かけてまで入りたいと言っていた温泉ってここだったのか。

湯めどころ宇奈月
湯めどころ宇奈月

宇奈月温泉に入ってドラクエウォークの富山県土産はコンプリート。旅の目的は達成したがせっかくなので魚津水族館を目指す。フリーきっぷを有効活用しよう。
最寄りの西魚津駅は哀愁漂う無人駅。10分ほど歩くと魚津水族館に着く。

西魚津駅
西魚津駅

魚津水族館は大きな施設ではないけれど100年の歴史を持つ施設らしい。歴史年表が貼ってあり博物館っぽさも感じる。
ローカル色に富み大水槽に見事なブリが泳いでいたり、富山湾にふさわしい生き物選挙とかが掲示してある。第一位はトヤマエビ。普段スーパーでボタンエビの名前で見るエビの正式名称なんだそうだ。

魚津水族館
魚津水族館

展示解説が独特でリュウグウノツカイを食べてみた。アカナマダを使って料理してみたとか。食に対するこだわりが強い。幻の魚ってそんな軽々しく食べていいのか。

アカナマダ大解剖
アカナマダ大解剖

帰り際に気づいたのだが屋外の水槽にサメが泳いでいる。手が届く様な所に、こんなに無造作にサメの飼育ってできるのかと驚く。雨降ったら泳いで逃げ出すんじゃないかと心配になる。
色々インパクトの強い水族館で面白かった。

魚津水族館
魚津水族館

以上で旅は終了。かなり満足度の高い旅だった。黒部ダムも気になるし暖かい季節になったらまた来たいと思う。

ドラクエウォークお土産集めの旅 土合駅!?

旅の目的地は群馬県にある土合駅。どこだか知らない。
群馬には何度も行っているし、子供の頃は桃鉄99年プレイを楽しんできたが全く記憶にない駅である。
乗り換え案内を調べると、東京からは一度新幹線で越後湯沢出てそこから水上線で20分程高崎方面へ戻る感じである。

いろいろ都合があって、家を出るのは日の出前。早朝から新幹線に乗るのだがスキー客で席はすべて埋まっている。
しぶしぶ眠さをこらえて立席で越後湯沢へ。
水上線は空いていて、うとうとしながら土合駅へ向かう。ランドマーク指定される土合駅とは一体どんなとこなのだろう。
電車に乗っていると雪景色から一転、土合手前の土樽駅付近で突然長いトンネルに入る。”トンネルを抜けると雪国だった”の逆バージョンという雰囲気だ。まぁトンネル抜けた先も変わらぬ雪景色だったけど。

てなわけで土合駅到着。何があるのかキョロキョロしながらホームへ降りたが特に変わった気配なし。

土合駅
土合駅


改札も無人になっており観光客の減少で寂れたのかなという感じ。
駅を降りた景色もご覧の通り何もない。

土合駅から見える風景
土合駅から見える風景

付近には小さなドライブインが見えるのみで、散策する気にもなれない場所である。
何故ここがランドマーク指定なのかよくわからないが帰ろうにも1時間以上の待ちである。何もないのに。

土合駅時刻表
土合駅時刻表

しかたなく駅舎の中でぼーっと過ごす。寝る。
戻りの電車の発車時間が近づいてきたので乗車証明書を発券して越後湯沢方面のホームへ向かう事にする。
ホーム行のドアを開けると突然に吹き込む風に驚く。

土合駅
土合駅

そして謎の衝立の先の光景に目を疑う。

土合駅
土合駅

突然のトンネルに戸惑いながらも、どうやらホームはこの先の様なので歩を進める。
土合駅がランドマーク指定されていた理由ってこれか。
底の見えない薄暗い道をとにかく進む。どこからともなく水が湧き出ているのがなおさら気味悪い。

土合駅
(写真はフラッシュで明るく見えるが結構暗い)

10分程度歩いたころやっとホームが見えてくる。
案内の看板が立っており「日本一のモグラ駅」とのんきな事を言っている。
ともかく電車を待って群馬秘境を脱する。

日本一のモグラ駅
日本一のモグラ駅

ドラクエウォークお土産集めの旅 青森を観光する

弘前出張ついでにお土産回収の旅。
仕事終わりに目指すは弘前城。冬の間はライトアップされているらしい。弘前城までは徒歩30分。少し遠いが夕飯前の腹ごしらえといこう。
10分程歩いたところで空模様が変わる。吹雪いてきた。
今年は雪が少ないという事だったが、この日は違う。ホテルに傘を置いてきた事を後悔した。
凍える寒さに途中のコンビニで暖を取りつつ目的地を目指す。

弘前公園に着くとちらほら車が止まっており人の姿が見える。週末から始まる灯篭祭りの準備の様で消防車も待機している。
奥へ進めば進むほど人の気配は減っていく。お城の傍にはもう誰もいない。弘前城の眺めを独り占めして帰路に就く。

弘前城
弘前城

翌日は、新幹線の留まる新青森駅から三内丸山遺跡に向かう。
弘前城と同じく駅から徒歩で30分。ただし、こちらは歩いて行った事を非常に悔やむことになる。
駅周辺は雪かきされているのだが、途中から歩道を歩けば膝付近まで埋まる雪。
長靴必須だが、残念ながら出張帰りなのでスーツに長靴といういでたち。
しかたなく雪のない車道を歩く。道路交通法上、雪道で歩道が困難な場合に車道を歩く行為がどういう扱いなのかは不明だけれど。
幸い車の往来は少なく轢かれる様な心配はなし。怪訝な視線を向けられる事はあっても、クラクションを鳴らされる事もなかった。
ただ車道は車道で歩きづらい。踏み固められた雪がつるつる滑り何度も転ぶ。
結局1時間近くかけて三内丸山遺跡に到着。真冬なのに汗だくである。

三内丸山遺跡
三内丸山遺跡

まずは縄文時遊館(博物館)で縄文シアターなどを観ながら一休み。
時遊館から続くトンネルを抜けると、雪景色が広がる縄文の村へたどり着く。
広々とした空間が開放的で散策しがいがある。住居跡などは一部のスポットは雪に埋もれていて見られないが少し残念。

三内丸山遺跡
三内丸山遺跡
三内丸山遺跡
三内丸山遺跡

散策を終えたら時遊館に戻り館内の見学を続ける。冬季だからなのか特別展も無料である。
今回は時間の関係で見送ったけど、体験工房の土偶作りや火起こし体験など気になるものがちらほら。

三内丸山遺跡の見学を終えたら、そばにある青森県立美術館に向かう。
徒歩で10分も掛からない距離だが、お土産ショップで道を聞いたら歩いていくの?と言う顔をされる。
案内された道を行くと、案の定降り積もる雪に歩道が見えない。が、幸運にも同じ行動を取ったと思われる先人の足跡が残されている。
雪に埋もれない様に慎重に足跡に足跡を重ね美術館を目指す。

途中の看板に開催中の企画展「ローカルカラーは何の色? 」という言葉が目に留まる。
奥に見えた景色は、一面の雪にたたずむ真っ白な建物。
あおもり犬が出迎えてくれるものだと思っていたが姿が見えない。とりあえず入り口を探して中に入る。

青森県立美術館
青森県立美術館

入館受付を済ませて中に進むと飛び込んでくるのはシャガール:バレエ「アレコ」の背景画。
大きな台幕に描かれた作品の迫力に驚きおののき見惚れる。
奥の展示スペースに進んでいくと奈良美智の作品が並んでいる。目力強い女の子が特徴的だ。
毎年青森出張に来ているので既に親しみを感じる存在である。ワンカップ酒のイラストを始め日常風景に溶け込んでいる。
そして登場するのはあおもり犬。青森の観光ガイドではシンボル的な存在。ついにご対面である。

青森犬
青森犬

この時点で満足度はかなり高いのだが、美術館見学はスタートしたばかり。この後も続々と郷土所縁の作家の作品展示が続く。
珍しいなと思ったのは版画家 棟方志功の作品の撮影許可の案内。作品により親しんでほしいという遺族の願いが理由だそうだ。
コレクション展は写真家 向井弘のその仲間達の作品が並ぶ。
ベトナム戦争の写真とか弘前城植物園の写真に興味を惹かれつつも時間の関係で早足で進む。青森県立美術館は想像以上に広くゆっくり観ていると日が暮れる。
そして最後に訪れた展示室は成田亨:鬼と怪獣 下調べせずに訪れたので突然現れたウルトラ怪獣にテンション上がる。酒吞童子など3体の鬼のモニュメントもかっこよし。

観覧料も良心的だったし非常に満足度が高かった。また来よう。
時間と共に転んで打ったお尻が痛み出したので、帰りは素直にタクシーに乗る。

ドラクエウォークお土産集めの旅 鹿児島宮崎を回る

先週、九州旅行として鹿児島と宮崎のお土産をいつくか回収した。

まず訪れたのは霧島神宮。週末という事もあって多くの参拝客が訪れていた。
7列でお待ちくださいの指示に従ってゆっくり歩を進める。見上げた宮殿が色鮮やかだったのが印象的。

霧島神宮
霧島神宮

帰り際の通路に大前献酒蔵元の看板がずらっと並んでいるのが鹿児島らしさを感じる。

大前献酒蔵元
大前献酒蔵元

翌日は鹿児島市内を観光するつもりだったが、行きたいと思っていた場所が生憎お休み。
西郷さんの銅像を見て、バスで知覧へ向かう。目指すは武家屋敷庭園。

西郷隆盛像
西郷隆盛像

1時間10分程で目的のバス停に到着。看板に書かれた知覧武家屋敷”群”という表記が目に留まる。
名のある武将の大きな庭園みたいな物を想像していたのだが、まさかの個人宅の集合地。
700m程の通りが見学コースとなり垣根を揃え景観を整えているのだが、実際に見学できるのは7個のお家だけ。
ほとんどは一般住宅でここら先は私有地ですと各国の言葉で書かれた看板が掲げられている。
見学できる庭はたしかに素敵で枯山水の詫び寂びを感じさせる風情があるが、アクセスの悪さと見学料を考えるとがっかりスポットである。

知覧武家屋敷
知覧武家屋敷

近くのお店で薩摩そばという看板に惹かれて、黒豚からあげ板そば食べてみた。そばつゆが甘くて驚く。
慣れない感じがするものの、これはこれで美味い。

旅の後半訪れたのは宮崎県にある生駒高原。友人の運転で向かう。
秋のコスモスまつりは有名だけどこの時期は何があるのかななどと会話しながら目的地へ。

正解は何も無い。ものの見事に何も無い。冬を感じるだけである。

生駒高原
生駒高原

敷地の隣に、小林生駒高原葡萄酒工房なる建物が見える。昨年2019年にオープンしたワイナリーだそうだ
地域の美味しいお肉と合わせる美味しいワインを造ってほしいと願うばかりだ。

今回の旅は友人が車を出してくれたおかげで大変助かった。
ドラクエウォークをプレイしていないにも関わらず、季節外れの観光に付き合ってくれて本当にありがとう。

ドラクエウォークのお土産集めの旅 崎津教会を目指して

ドラクエウォークのお土産集めの旅という事で、熊本県天草市にある崎津教会に行ってきた。
崎津教会というのは世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する一つである。12の資産のうち唯一熊本県にあるのがこの崎津教会である。

今回は熊本市街地から天草を縦断して鹿児島へ行くという工程を取ったのだが1日でこなすのは結構ハードだった。
崎津教会は天草地域の中でも奥深いところにある。バスを乗り継いで行くのだか所要時間は4時間半にも及ぶ。

まず熊本の中心市街にある熊本桜町バスターミナルから天草市の本渡バスセンターへバス移動する。
6時30分始発の快速あまくさ号にゆられ2時間半の旅。前日に用意した「あまくさ乗り放題きっぷ」を使用する。
快速あまくさ号での移動は長時間であるものの、海沿いの景色はきれいだし電源も確保できるので思いのほか快適である。出発時間が早くて半分は寝ていたが。

バスの中から見ていた漁村の様な雰囲気とは違い、本渡バスセンターまで着くとしっかりとした都市の雰囲気。
乗り継ぎのバスまで30分程時間があるのでコンビニで朝食を食べる。お土産も売っていたので塩羊羹と塩キャラメルを買ってみる。
バスセンターから乗り継いで次に行くバス停は下田温泉。バスを降りると目の前に足湯がある。次にのるバスが来るまで10分程しかがないが、せっかくなので浸かる。

下田温泉五足の湯
下田温泉五足の湯

バスを乗り継いで行く先のバス停はは崎津教会入口。11時9分着でようやく今回の旅の目的地である。遠かった。
崎津教会は絢爛豪華という感じではなく素朴である。なんせ畳が敷かれていて日本に馴染みすぎている。
町並みはきれいで天気も良く散策するのによい雰囲気。教会そばに資料館もあるので歴史も学べる。
いちじく揚げパンなるものが名物として売られていたので、かじりながらの街歩きを楽しむ。

崎津教会
崎津教会

帰りは鹿児島に向かおうと思っているのでフェリーの出る牛深漁港に向かう。次のバス検索すると出発13:09発で到着が15:48。観光案内では車で40分のはずなのに。
よく調べると途中の運動公園前というバス停で2時間ほど待ち時間が計上されている。
崎津教会入口13:09発 運動公園前13:21着 で、運動公園前発15:17発 牛深港15:48着となっている。
でもさ、運動公園前から13:17発があるんだけど。4分考慮すればちゃんと乗り継げるのに!意味なく2時間待たされるこのダイヤはなんなんだ!!!

何もなさそうな運動公園前で2時間待たされるは嫌だなと思い、意を決して13:17発に乗れるように運動公園前を徒歩で目指すことに。
googleMapによると距離8.1km 徒歩1時間38分の道のり。念のため道を尋ねた地元のおば様達にはお前は正気か?という顔をされる。
そして残された時間は1時間38分もないので、のんびり歩くわけにもいかずジョギングである。真冬にも関わらず汗ばむ。九州って暖かいんだな。

天草のヤギ
天草のヤギ

途中コンビニの1件もない路を走って到着した運動公園前は案の定なにもない所であった。ともあれバスに揺られて牛深港へ。
フェリーの時間まで少し時間があったので、うしぶか海彩館という資料館を見学。
30分ほどフェリーに乗り鹿児島県の蔵之元港へ。そこからシャトルバスに1時間ほど乗り新幹線の通る出水駅に向かう。
出水駅から鹿児島中央まで新幹線だが乗り継ぎ時間はわずか5分。事前に切符の手配をしないと厳しい。逃せば1時間待ちコース。
ほんとに幸いなことにバスが少し早く着き、駅さんの慣れて手つきのおかげで乗り継ぐことができた。

てなわけで気合と幸運で朝に熊本を出て、天草経由で夕方に鹿児島に着くことができた。
旅の感想としては天草は良い所だけで日帰りは大変。泊り前提でレンタカーか周遊バスで行くと楽しいと思う。
(ドラクエウォークのお土産集めという事を無視すれば、観光要素としては長崎が上位互換で満たしまくってる気もするけど。)

ドラクエウォークお土産集めの旅 長野・前編

昨年11月の終わり頃からダイエットのお供にドラクエウォークを始めるものの、美味しそうなお店を発見してはついつい入ってしまい効果は出ていない。
ともあれ、メインストーリーの攻略が終わったので各地のお土産集めの旅に出ようと思う。
正月クエストの高難度はそうそうに諦めた。

という事で初回の旅は長野県松本市。目的のランドマークは国宝松本城。
旅と言っても仕事の出張ついでだが。
松本城は松本駅が徒歩20分程。初日の仕事終わりに宿に荷物を置いて夜の散歩がてらに向かう。
ところが、目的地まであと70メートルから先に近づけない。お堀に阻まれる。営業時間外で城のそばまでいけないのだ。
仕方なくその日は散歩がてらに発見したマイクロブルワリーでクラフトビールを飲んでおしまい。

翌日、日中に仕事が終えてリベンジ達成。
せっかくなので松本城の中に入り天守閣まで登る。当時のままという感じなので城好きにはたまらない。
でも急階段の上り下りがきつい。じいちゃん家の階段もきつめだけど、もっときつい。昔の人たちの暮らしはどうなってるんだ。

松本城
松本城

さておき、次の目的地は諏訪大社 下社秋宮。通常なら、あずさで東京まで帰るのだがちょっとした寄り道である。
最寄りの下諏訪駅に初めて下車したのだが改札に謎の大仏があって驚く。となりの上諏訪はホームに足湯あるし個性的である。

下諏訪駅
下諏訪駅


諏訪大社 下社秋宮は駅から徒歩10分程。なんとなく今年の初詣を済ませてお土産クエストクリア。
ほんとは諏訪湖の見学とか、温泉つかりたいのだがとりあえず旅終了。
途中で地域限定のスゥートバックのこころがぽろっと落ちた。Sランクだったのでちょっとうれしい。

下社秋宮
下社秋宮
松本マンホール